TIMEKEEPERのバナー

吉沼時計製造会社

5. 八吋鋲打(時代不明)

資料1

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
吉沼時計製造会社
(東京市日本橋区)
明治29年以前 文字板八吋
全高48cm
八日持、打方付、ペイント文字板

謎の八吋鋲打、全高48cm、文字板は8吋ペイント文字板で文字板枠が渦巻の段状になったオリジナルと思える文字板ですが、 どういう訳か12時の下にCOLUMBIAの文字が有ります。

機械は前期の十吋鋲打と同様で地板には刻印はありません。 ボン針台はオリジナルで刻印無し、振り子も前期の十吋鋲打と同様です。 ケースも同様の鋲打ちの八吋版、振子室のガラス絵は二重丸金彩、掛金は小判型一本釘です。

振子室ラベルは白地に黒で内容が少し変わっています。

振子室ラベル

EIGHT DAY
PENDULUM OCTAGON
C L O C K S,
TRADE MY MARK
ANSONIA
CLOCKS. CONPANI

ラベルに吉沼のMYマークが入りながらANSONIA CLOCKS CONPANI 及び文字板にCOLUMBIA?などと米国製(アンソニア)を思わせる?記載がなされています。 アンソニアの機械を使った、組み立て時計でもなくなぜこのような意味不明の会社名を入れたのか不思議な時計です。

あらゆる特徴はすべて吉沼時計のもので時代は不明ですが、何れ明治29年までの吉沼時代のものと思います。 メーカーがこのような外国製を装った?ものを作ったものか?謎です。

機械と振子

機械

地板に刻印は無し
ボン針台も刻印は無し

振子

吉沼時計の振子

資料2

全高49cm、文字板は吉沼のMYマークです。
ケースは掛金の形が違いますがあとは資料1と同じつくりです。
ラベルは黒紙のみで文字は無し(消えてる?)

振子室ラベル

黒紙のみで文字は無し(消えてる?)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / ・ 次頁右向きの矢印